CPAPを約2ヶ月使用して


CPAPを使用して約2ヶ月が経過しました。

機会を借りている場合は、
1ヶ月毎にデータの確認をしつつ、
レンタル料金を支払いに行く必要があります。

1ヶ月目は、マスクを固定するバンドの締め方の程度が
なかなか分かりませんでした。

そのため、夜中に空気が漏れる音で起きたり、
バンドをキツく締めすぎて、その痛みで起きたりすることが
ありました。

ですが、それもようやく加減が分かる様になり、
夜中に起きることも殆どなくなりました。

その使用結果がこちらです。

img 9534 - CPAPを約2ヶ月使用して

1時間に0.4回の呼吸が止まっているというデータです。
つまり、7時間睡眠であれば一晩で3回程度、呼吸が止まっているということ。

これはかなり良好な結果だそうです。
恐らく私の無呼吸の症状が重度ではなかったことも
要因だと思われます。

それとCPAPを使用して気が付いたのですが、
口を開けると本体から送られてくる空気が
口から漏れて音をたてるため、
CPAP使用中は口を閉じる癖が付きます。

つまり、口呼吸を強制的に治す効果もあるということです。

口呼吸が治るという医師からの説明は事前にありましたが、
この様な原理で治るという説明がなかったので驚いています。

胃食道逆流症について、内科医に確認したところ
関係があるとのことでしたが、詳細な説明はありませんでした。

これも調べると

睡眠時無呼吸が胃食道逆流症を引き起こし、
喉頭蓋炎を誘発している
という流れになっている様です。

これについての詳細は後日、また書きますが、
CPAP治療と胃食道逆流症の同時治療によって
喉の調子も少しづつですが改善されているという
実感で出てきました。

ご参考までに。

(Visited 265 times, 1 visits today)

スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索