扁桃腺を切っても・・・


私は数年前に両扁桃腺の摘出手術をしています。

一般的には小さい時、若い時に扁桃腺が腫れて高熱が出るので
切ったという話をよく聞くと思いますが、いかがでしょうか?

確かに私も小さい頃は喉が腫れて、高熱にうなされましたが、
それほどの頻度ではなかったのか、手術という話にはなりませんでした。

大人になり、高熱を出すことも風邪をひくことも少なくなったのですが、
「なんとなく喉の調子が悪い」
という時期が40歳を過ぎた頃から増え始めました。

e84da27253c5546c198dec973b92ce7b 225x300 - 扁桃腺を切っても・・・

手術をする前の年の秋から翌年の春に掛けては、
抗生物質を飲んでいる期間が1ヶ月のうち3週間くらいあり、

どんどん強い抗生物質を出され、
最後には歴史かドラマ「仁」でしか聞かないような
ペニシリンという名前が出てくる始末でした。

bd866fd29cb96f7679b0b993029abf3d m 300x214 - 扁桃腺を切っても・・・

最後には医師もサジを投げるように手術を勧められましたが・・・

手術をした年の秋から翌年の春は、
本当に快適そのもので、
「本当に自分の身体か」と信じられませんでした。

以前は、少し無理をしたり不摂生をすると
直ぐに喉が痛くなったのが、
全くならない。

こんな素晴らしいことならもっと早くすれば良かったと思いました。

ですが、翌年から少しずつそのパワーは衰え始め、
3年経つ頃にはまた何となく喉の調子が悪くなりました。

扁桃腺の手術を勧めた耳鼻科に行くと、
扁桃腺以外の他の扁桃の部位が扁桃腺の代わりの役割をしている
と言われました。

「胃を全摘しても小腸の一部が代わりの働きをする」
なんて話をテレビで観たことがありますが、
人間の身体というものは凄いんですね。

免疫力が落ちている可能性もあるので、
ハッキリとは何が原因と言い切れませんが、

扁桃腺を取っても別の部位が腫れることもあるという話でした。

扁桃腺が腫れて苦しい方は手術も選択肢として
考えていらっしゃるかと思いますが、
全身麻酔のリスクと合わせて
このような事も起きるかもしれないと
頭の片隅に入れておかれることをオススメします。

(Visited 52 times, 1 visits today)

スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索