ストレスの正体


様々な病気の原因として挙げられるストレス。

頭痛、肩こり、眼精疲労、胃痛、下痢、動悸など症状は様々。

では、ストレスの正体とはなんでしょうか?

 

一般的によく言われているのが

精神的な負担が何かしらが原因のストレスですね。

fee863afc9ae5ac3567fd8ecdeecb1c1 t 300x200 - ストレスの正体

職場や学校などの人間関係や仕事・勉強から来るプレッシャーなどが多い
と考えられています。

おそらく訪問者さまもこのようないわゆる精神的なストレスを一番に
想像されたのではないでしょうか?

では、それ以外にはストレスはどんなものがあるのでしょうか?

簡単に言えば、
強い刺激になったりカラダに
負担が掛かることは全てストレス
となります。

例えば、強い日差しや高い気温。

477237d3d142a68607dfeab61f83524e s 300x225 - ストレスの正体

これも実はカラダにとってはストレスなんです。

暑いなぁ~

まぶしいなぁ~

と感じることは、さほどストレスだとは感じないかもしれませんが、
知らず知らずの間にカラダにとっては大きな負荷が掛かっているのです。

これが長時間続いたり、何日も続いたりするとカラダは悲鳴を上げ始めて、
疲労という形でストレスが掛かっていますよというサインを出すワケです。

2a184d5603a055009dbc3e3fb7fa75c3 m 300x200 - ストレスの正体

ですが、このストレスも人によって受け方は様々で、
さほど負担にならない人も、大きく負担に感じる人もいます。

テレビやスマホ、パソコンの光や操作も
眼から入る刺激ですので、人によってはストレスになっています。

ですので就寝前にこれらは悪影響になって、
ストレス発散のつもりがカラダ、特に脳には大きなストレスになっているのです。

ストレスがカラダに与える影響としてよく言われるのが、「酸化」です。

つまり、カラダがサビることです。

老化の原因でもありガンなどにつながることもあります。

こう考えるとストレスはカラダにとっては大敵ですが、
多少の刺激や負荷がないとカラダは成長せず、老化していきます。

多少の運動はカラダ負荷を掛けることで、
筋肉や骨などを成長させ、老化を防止します。

ですが、運動し過ぎるとカラダへの負担が大きくなったり、
酸素を多く吸う事で活性酸素が多くなりガンの原因にもなります。

0ce6bf137d1cd0fa64daa5fddb49dc30 l 300x225 - ストレスの正体

訪問者さまが普段、何気なくやっていることがストレスになっているのか、
程よい刺激になっているのか、改めて考える機械にしていただければ幸いです。

活性酸素についてはまた、改めて書きます。

(Visited 57 times, 1 visits today)

スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索