食事から栄養素を摂りにくい理由


栄養は食事から摂るのが基本。

この考えには私も賛成ですが、
残念ながらそう簡単ではないのが現代の栄養事情です。

一番大きな問題が、
「年中いつでも何でも食べられる」
ということです。

昔は、季節に撮れる野菜や果物を食べるのが当然でしたが、
今は様々な技術の発達によって、
ほとんどの食材が一年を通して食べられます。

旬の食材というのは栄養素も高く美味しいので
それらを食べる事が健康に繋がるのは今も昔も変わりません。

7a1e564a95a8078f937ca707ef798afd s 300x200 - 食事から栄養素を摂りにくい理由

ですが、スーパーに行けばいつでもどんな食材でも変えてしまうので、
「旬の栄養がたっぷりと詰まった野菜や果物などを買う」
という意識は薄れています。

「野菜などの栄養素が昔と比べて減っている」
という話もあるのですが、
旬の時期に摂れる野菜などに含まれる栄養の量は変わらない
のです。

0348a8f49caf4a866b0e23bbddd74eac s 300x200 - 食事から栄養素を摂りにくい理由
旬ではない時期にも現在は生産・出荷をするので、
栄養素の平均値が下がっているというのが本当のところなんですね。
旬の食材を意識的に摂ることで栄養は豊かになるので、
意識したいものですね。

もう一つ、大きな問題があります。

それは、

食べた食事の量と補える栄養の量は同じではない

という点です。

ef4c0c1eed60f3607fed337dfddc3c2e s 300x199 - 食事から栄養素を摂りにくい理由

つまり、消化と吸収の問題です。

私たちの様々なカラダの働きは、
20歳頃がピークになっているので、
年齢と共に全ての働きが残念ながら衰えていきます。

胃腸の働きも例外ではありません。

仮に20歳の時と40歳の時、同じ食事の量を摂れているとしても、

胃腸の働きはピークの20歳を100%と考えると、40歳では80%。

つまり、

消化する力、

栄養素をカラダに取り込む力が落ちている
ので、同じ食事を摂れていたとしても
同じ量の栄養が摂れているということではないのです。

1df5ee897647830777d265901ab002eb 300x211 - 食事から栄養素を摂りにくい理由
栄養を摂る力が衰えていると考えるなら、
食事の量は増やさないといけないはずですが、

食事の量も減っているという人がほとんどですので、
栄養が足りなくなるのは当然ですね。

ひと昔は60歳で働くの止めて、
80代で亡くなる方が多かったので、
それでもよかったのかもしれませんが、

今は65歳定年で70歳まで伸びようという時代ですし、
平均寿命もどんどん伸びていますので、

元気で働きながら長生きを考えるなら、
積極的に栄養素を補う必要があると言えるでしょう。

栄養を十分に取らずに働き続けることは
非常にカラダに負担が掛かりますので、
ケガや病気に繋がりますし、
寝たきりになるリスクも高まります。

2648707505b64e0cc054cbe4b2c92471 s 300x222 - 食事から栄養素を摂りにくい理由

訪問者さまはまだお若いかもしれませんが、
ご家族の方にもご配慮されると良いかもしれませんね。

(Visited 40 times, 1 visits today)

スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索