抗生物質の光と影


みなさんは耐性菌という言葉をご存知でしょうか?

薬が効かない菌という意味ですが、薬というのは抗生物質のこと。

近年、この耐性菌が問題になっているのですが、
これは、過去の抗生物質の処方乱発に原因があります。

ここ数年、カゼをひいて病院にかかっても
以前と違って、抗生物質を安易に処方しなくなりました。

これは皆さんもご存知かもしれませんが、
なぜか理由はご存知ですか?

そもそもカゼの原因物質は大きく分けて2つあります。

一つはウイルス

virus 1812092 1920 300x150 - 抗生物質の光と影

もう一つは細菌

bacteria 106583 1920 300x212 - 抗生物質の光と影

そしてカゼの8090%はウイルスが原因と言われています。

ですが、そのことが分からなかったワケではないのですが
ウイルスと戦うことにカラダを集中させるために
カゼを引けば抗生物質を出すというのが、
数年前までの病院治療でした。

ウイルスという強い敵と戦うことに専念してもらうために
弱い菌と戦う兵士を増援するようなものです。

ですが、
「カゼの原因が菌だ」と判断しない限り、
安易に処方しないように
今は自粛しているようです。

それはなぜか?という話なのですが、

抗生物質を出された場合は
「全部飲みきってください。」
と言われていると思いますが、
この理由と関係しています。

bd866fd29cb96f7679b0b993029abf3d m 300x214 - 抗生物質の光と影

抗生物質というのは、菌を殺す薬です。

菌といっても、元々カラダには
「常駐菌」といって色々な菌が住み着いています。

一番有名なのが、乳酸菌。
おなかにいる良い菌として近年、注目されていますね。

そんな乳酸菌も残念ながら
抗生物質によって攻撃を受けてしまうんです。

なぜなら抗生物質は良い菌、悪い菌も
お構いなしに攻撃をしてしまうんです。

お医者さんは
悪い菌はどれくらいでやっつけられるかどうかを考えて
抗生物質の処方量を決めています。

ですが、1~2日の飲むと
「もう治った」と思って、
抗生物質を飲むのを
勝手に止めてしまう方が多いんです。

これのどこが問題なのか?
と思われるかもしれませんが、

ここで耐性菌が登場するんです!

同じ種類の悪い菌がカラダにいたとしても、
その強さは様々です。

つまり弱い菌から先にやられていくので、
1~2日で抗生物質の服用をやめた場合、
多くの弱い菌はやっつけられたかもしれませんが、
少数の強い菌はまだ生き残っているかもしれないんです。

その生き残った強い菌は耐性菌となり、
次に同じ抗生物質を服用しても
すでに戦ったことがあるので
その抗生物質が効きにくい手強い相手となっているんです。

ですので、抗生物質を確実に飲みきって
確実に残った菌をやっつけることで
手強い耐性菌を作ることを未然に防ぐことができるのです。

もしかしたら耐性菌があなたのカラダにいる分には
さほど大きな問題にはならないかもしれません。

ですが、ご家族や同僚などの周りの方に感染した場合、
どうなるでしょう?

相手は抗生物質をやり過ごした強者ですので、
いきなり猛威を振るうかもしれません。

その相手が小さいお子さんや高齢者だったらどうでしょうか?

このリスクを少しでも未然に防ごうということで
抗生物質を処方は昔に比べると自粛されているのです。

今はウイルスの一部、インフルエンザウイルスには
有効薬が開発されているのは
ご存知かと思いますが、
それ以外のウイルスには画期的な薬はまだありません

では、「ウイルスとどうやって戦うのか」というと
みなさん自身の免疫力で戦っているんです。

最終的には、
みなさんのカラダが外敵と戦って勝たないといけないんです。

そのためには、どうしたら良いかというと
普段から、カラダを温めるための食事と運動をすることが
まずは大切なんです。

カラダを温めるということ、基礎体温を高めることで
免疫は上がりますので、ウイルスや菌と戦いやすい戦場を用意することが
今後は益々大切になるでしょう。

(Visited 68 times, 1 visits today)

スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索